2014-01-23(Thu)

「踊る中国人」作者:原口純子 

狂気の路上バトル
信号は何のため?ボーゼンと立ち尽くす日本人

中国を渡って行くのに必要なもの。それは一に気合、二に気合。
中国を初めて訪れた人は、通路を渡ろうとして立ち往生する。
ボーゼンと立ち尽くし、一歩も出られない。信号は赤のはずなのに、
ビュンビュンと車も自転車も走り抜けて行く....。交通ルールなんてあって
ないようなもの。トロリーバス、乗用車、タクシー、リヤカー、そして自転車
の群れ。馬に引かれた荷車の横をベンツやポルシェが駆け抜ける。みんな入り
乱れて、われもわれもと先を争って走る、走る。信号もない小さな交差点。
ちょっと譲り合えば、みんなスムーズに走れのにどちらも絶対譲らない。
「そっちが後ろへ下がれよ」「いや、そっちだ」双方、気合で勝負とばかりに、
我先に前へと出る。車の量が急増した物理的要因でどこもかしこも渋滞している
北京だが、こんな中国人的気合の気質からも渋滞は生み出されている。
2014-01-06(Mon)

2013ローカルニュース -----この1年



気つけば2013年ももう終わり。
今年は黄浦江にブタの死骸が漂流したり、
猛暑日が続いたりと、様々な出来事があった。
新年の最初に、去年1年に起こったニュースを振り返ろう!
(順位は、個人の独断)

上海市の重大ニュースから、どれもこれも印象的で記憶に新しい
ものばかり。日常で話題に上がったことも多かったはず。

1位 上海の取りインフルエンザ被害
   人から人へ感染する疑いも

国家衛生計画出産委員会は3月31日(日)、上海市で鳥インフルエンザH7
N9型ウイルスに感染した87歳と27歳の男性が死亡したと発表した。
今年、中国全土で猛威を興った鳥インフルエンザ。最終的に市では33人の
感染が確認された。この影響で、市は各卸売市場を一時閉鎖し、市場から回収した
家禽類約10万羽を殺処分。また、江西省では最近、H10N8型のウイルスが検出された。
まだまだ予断を許さない状況のようだ。

2位 黄浦江がブタの死骸で溢れる
   伝染病感染も水質に影響なし

今年3月、上海市を流れる黄浦江の松江区域で、大量のブタの死骸が漂着しているのが
見つかり、3月中旬までに1万30061頭の死骸が回収された。調査によると、浙江省
嘉兴市など、黄浦江上流の養豚業者が遺棄したものと推定されている。
又4月頃には、松江区泗泾镇付近にある川で、大量の魚の死骸が発見された。水質への
影響や人への被害は確認されなかったが、「今年は鶏と言い、豚と言い、魚と言い、
一体何を食べればいいのか?」と消費者の嘆く声が聞かれた。

3位 上海で40周年超え猛暑日続く
   79年ぶり記録塗り替える

上海市気象台は、7月27日(土)12時頃、市徐汇区観測地点で、観測史上最高気温
となる40.6度を記録したことを発表。市の最高気温記録は、1934年7月12日以来、79
年ぶりに塗り替えられた。
この暑さの影響で熱中症患者が出たり、建物のガラスが突然割れたり、といった出来事
もあった。来夏はもう少し過ごしやすくなることを祈るばかりだ。

 
プロフィール

ELC:ニンちゃん

Author:ELC:ニンちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR